右脳^^部屋人生万事塞翁が馬。
なるようになるから人生を楽しもう!
[最新]

| CALENDAR | 広報板 | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | Prof. |
Privのキーボードで遊ぶ. 11:06
2016-04-25 01.30.33.jpg
折角のハードQWERTYキーボードです.
それなりに遊びたいじゃありませんか.
で,ボチボチ遊んでみた事を紹介したいと思います.
#以下画像がそこそこあります.
WEB等々でPrivの写真を見る機会はそこそこあると思うのですが,
写真では実際のサイズ感は掴みにくいんですよね,僕の場合.
じゃ,手で持った写真を載せれば,それなりにイメージ出来るのではないか(^^;?.と
思いまして.

僕の手のサイズは,特別大きくも無く小さくもありません.
医療用ゴム手袋のサイズはM,滅菌ゴム手袋のサイズは7です.
ちょっとわかり難いかもしれませんが,普通の大きさです.

これが手に乗せた写真.
2016-04-25 01.30.14.jpg


一番近い『p』のボタンを押してみました.
2016-04-25 01.30.16.jpg


一番遠い『q』のボタンを押してみました.
2016-04-25 01.30.19.jpg
ギリギリ片手でも操作可能な大きさでした.

ちなみにIMEはATOKを使ってます.
2016-04-25 01.03.08.jpg
このように,ハードキーボードを開いても,画面のキーボードが消えないので,
[英語←→日本語の切り替え]は,画面下の『あA』をタップして行ってます.
[変換文節の切り替え]は画面下の『←』『→』をタップして調整してます.

ATOKは,記号を打つときに『altボタンと記号ボタンの同時押し』が必要になります.
また,僕環境ではハードキー操作で日英の切り替えができないので,
片手でハードキーを使う事は不可能とう結論になりました(^^;).

その他にリリースされている日本語のIMEを可能な限り試しては見たのですが,思った通りの挙動を示してくれても,動作が安定しかったり,そもそも画面にキーボードが出ないので変換文節の切り替えができなかったりと,僕の全ての欲望を満たしてくれるのは見つけられませんでした(^^;).
今は変換効率と挙動の安定性と言う事でATOKを使ってます.


片手操作の時は無理にキーボードを使わずに,
2016-04-25 01.11.43.jpg
こんな感じで使う事にしました.
#これが普通なのでしょうが…(^^;).



あと,結構楽しめた事を二つほどご紹介.
『設定』→『言語と入力』→『物理キーボード』と開き,
358.jpg

『物理キーボードのジェスチャー』をオンにすると,
359.jpg
キーボードを開いた状態で,キーボードの上をなぞると画面がスクロールします(^^ ).
#キーボード開いた状態でブラウザを見てるときに便利.


後は,Blackberry Launcherの設定を開き,
(1)入力アクション→キーボードショートカット
(2)キーボードショートカット→各キーにショートカットを割り当てる
を設定すると,
357.jpg
キーボードを開く
 ↓
ロックを解除する
 ↓
キーボードショートカットですぐに使いたいアプリケーションを開く事が出来る.

という設定も可能でした.

文字入力が主になるソフトウエアを割り当てておくと便利ですよ(^^ ).

と言う事で休日に気が付いた,
Privの他のAndroid機種とは違う使い方
でした.
#久々に燃えてます.多分一瞬ですが…(^^;).
| BlackBerry | - | - | posted by unou
<< NEW | TOP | OLD>>